本文へ移動

サッカー通の小柳ルミ子「自分もスアレスみたいにポジションないのかな」芸能生活50年、頭をよぎった引退 ”命の恩人”のシンガーとは…

2020年9月30日 17時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
芸能生活50周年を迎え著書を出版した小柳ルミ子

芸能生活50周年を迎え著書を出版した小柳ルミ子

 歌手の小柳ルミ子(68)が30日、東京・八重洲ブックセンターで芸能生活50周年を記念した書籍「もう68歳と思うのか、まだ68歳と考えるのか」(徳間書店)の発売会見を行った。20年前に2万9000円で購入した青いワンピースで登場し、「ボディーラインが出る、ごまかしが利かない普段着です」と不変の肉体美を披露した。
 芸能生活半世紀を迎えた小柳でも引退を考えたことを明かした。「2ヶ月前仕事がなくなって…。スアレスじゃないけど、芸能界でポジションがないのかなと」。熱狂的なサッカー通らしく、サッカーの強豪クラブ・FCバルセロナを“戦力外”になったストライカーに自身を例えた。失意の時にサザンオールスターズの桑田佳祐(64)が「週刊文春」の連載で自身を絶賛していることを知り「もうちょっと芸能界にいさせてもらおうかなと思った。命の恩人」と感謝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ