本文へ移動

ラグビー東芝・湯原祐希コーチが急死 36歳 2011,15年のW杯日本代表FWメンバー 29日朝、クラブハウスでの自主トレ中に倒れる

2020年9月30日 16時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年W杯初戦の南ア戦に勝利し、喜ぶ湯原さん(前列右端)、左に福岡、上左にはリーチの顔も)

2015年W杯初戦の南ア戦に勝利し、喜ぶ湯原さん(前列右端)、左に福岡、上左にはリーチの顔も)

 ラグビートップリーグの東芝は30日、FWコーチで、2011年と2015年W杯日本代表の湯原祐希さんが29日に死去したと発表した。36歳だった。
 東芝によると、湯原さんは前日までは通常通りにコーチとして指導に当たっていたが、29日朝、東芝クラブハウスで自主トレーニング中に倒れ、病院に搬送されたが亡くなったという。詳しい死因はわかっていない。
 湯原さんは流通経大柏高(千葉)から流通経大を経て東芝入り。2010年に初めて日本代表入り。11年、15年のW杯代表に選ばれた。同年代のフッカーに堀江翔太、木津武士という個人技に優れたライバルがいたこともあり日本代表キャップは「22」と多くないが、周りの選手の力を引き出す縁の下の力持ちだった。
 15年W杯では元主将の広瀬俊朗さんと2人だけ、4試合で一度も試合の登録メンバーに入れなかったが、練習では常に先頭に立ち、当時のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチの厳しい要求に応え、チームを鼓舞し続けた。東芝では昨季、選手兼任でアシスタントコーチを務めたが、公式戦出場はなし。今季は選手生活に区切りをつけ、本格的にコーチ業に取り組み始めたところだった。
 東芝、日本代表でともにプレーした広瀬さんは「本当に残念。15年W杯では同じ立場で、出られない悔しさは表には出さなかったけど、2人のときはいろいろ言いあった思い出もある。ぼくの娘と彼の娘が同学年で、家族同士で仲良かったので、残された家族のことを思うとつらい。お悔やみ申し上げます」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ