渋沢栄一が奉納した神額を復元 中津川・恵那神社

2020年9月30日 05時00分 (9月30日 12時53分更新) 会員限定
梅村宮司(左)ら関係者によって除幕された新しい神額=中津川市中津川の恵那神社で

梅村宮司(左)ら関係者によって除幕された新しい神額=中津川市中津川の恵那神社で

  • 梅村宮司(左)ら関係者によって除幕された新しい神額=中津川市中津川の恵那神社で
 明治から昭和初期の実業家で「日本資本主義の父」して知られる渋沢栄一(一八四〇〜一九三一年)が、中津川市中津川の恵那神社に奉納した神額が約百十年ぶりに作り直され、神社の例大祭があった二十九日にお披露目された。渋沢は二〇二四年発行の新一万円札に印刷される人物で、来年放映のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主人公。歴史ある神社のPRにも一役買いそうだ。(福本雅則)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧