大型台風備え 設計 強化 YKK AP

2020年9月30日 05時00分 (9月30日 05時00分更新)
2階のバルコニーやベランダへの設置にも対応した窓用シャッター

2階のバルコニーやベランダへの設置にも対応した窓用シャッター

  • 2階のバルコニーやベランダへの設置にも対応した窓用シャッター
  • 風圧への強度を高めたカーポート「レオンポートneo GR」(いずれもYKK AP提供)

窓用シャッターなど


 住宅建材メーカーのYKK AP(東京)は二十九日、台風対策を施した新商品を発表した。強い風圧に耐えられるよう設計した窓用シャッターとカーポートを十月初旬に発売する。近年は台風の大型化に伴い防災ニーズが高まっており、業界最高水準の強度や施工の手軽さを売りに需要の開拓を図っていく。 (高本容平)
 窓用シャッター「耐風シャッターGR バルコニーFRP防水向け工法(マドリモ)」は、最大瞬間風速八〇メートルに耐えられる設計の新モデルを追加した。過去三年に日本列島を襲った大型台風を考慮し、風速六二メートルに耐えられる製品を六月に発売したが、さらに強度を高めた。
 二階のバルコニーやベランダの床は繊維強化プラスチック(FRP)を使った防水仕様が主流。シャッターを取り付ける際に水漏れが生じないよう、ねじ止めせずに設置できる業界初の構造を採用した。税抜き価格は十六万四千三百二十円から。二〇二一年度に五万セット、十二億円の売り上げを目指す。
 カーポート「レオンポートneo GR」は柱の配列を従来の二列から三列にしてはりの本数も増やし、風速六二メートルと一〇〇センチの積雪に耐えられる設計にした。税抜き価格は八十五万一千六百円。二一年度に五千セット、十五億円の売り上げを目指す。
 二十九日にオンライン会見した堀秀充社長は「瓦や屋根などが当たると非常に大きな被害になるが、二階の窓にシャッターを取り付ける文化はなかった。ぜひ二階にも付けてほしい」と説明。「画期的で強度のある商品ができた。台風から住まいと周囲を守りたい」と話した。
 同社は四月、開発本部に「耐災害技術室」を創設。台風災害に対応した窓・エクステリア商品の開発を加速させている。

関連キーワード

PR情報

北陸経済ニュースの最新ニュース

記事一覧