本文へ移動

巨人・原監督のズバリ采配で逆転…球団新記録の開幕戦から12連勝狙う菅野を援護

2020年9月29日 19時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表1死一、二塁、松原が右前適時打を放つ

3回表1死一、二塁、松原が右前適時打を放つ

◇29日 広島―巨人(マツダ)
 巨人の原辰徳監督(62)の采配がズバリ当たった。
 1点を追う3回1死一、二塁で2番・松原の打席。2ボールから2人の走者がスタートを切ると、松原は広島の先発遠藤のスライダーを上からたたき、これが一、二塁間を破った。右前適時打となり同点に追いついた。
 さらに一、三塁で坂本。ここでも松原がスタート。坂本は遊撃へのゴロだったが、走っていた松原は二塁でセーフに。併殺崩れの間に勝ち越し点が入り、勝ち越しに成功した。
 ソツのない攻撃で、開幕戦から12連勝の球団新記録がかかるエース菅野を援護した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ