本文へ移動

レイズの筒香は一転してポストシーズン初戦でスタメン起用か 相手のブルージェイズが右腕の先発を発表し、チャンス到来

2020年9月29日 17時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レイズの筒香(AP)

レイズの筒香(AP)

 レイズの筒香嘉智外野手(28)が一転して第1戦のスタメン起用がありそうだ。レイズは29日、地元の米フロリダ州セントピーターズバーグでのワイルドカードシリーズ(3回戦制)第1戦で、ブルージェイズを迎え撃つ。ブルージェイズはエース左腕柳賢振の先発が見込まれていたが、モントーヨ監督は28日、右腕マット・シューメーカー(34)の起用を発表。これに伴い、左打者の筒香に先発出場の目が出てきた。
 メジャー1年目の筒香はシューメーカーと3試合計7打席で対戦し、7打数1安打、2三振。ただ、その1安打は8月16日、87マイル(約140キロ)の外角スプリットを左翼に流し打った3号逆転3ランだった。
 ブルージェイズは第2戦に柳賢振が先発する予定。28日の米データサイトのファングラフスと、同日の球団公式サイトは、柳賢振が先発する場合は筒香が先発ラインアップから外れると予想。守備は三塁に加えて左翼もこなすが、外野陣に関しては右打者のマーゴーとアロザレーナを入れることになるとみている。故障から復帰したディアスが指名打者か、一、三塁を任されるもようだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ