本文へ移動

日本代表・森保監督が初めて明言 10月オランダ遠征は海外組オンリー 入国制限でロシアの橋本、セルビアの浅野も招集せず

2020年9月29日 16時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで取材に応じる日本代表の森保監督

オンラインで取材に応じる日本代表の森保監督

 サッカー日本代表の森保一監督(52)が29日、オンラインで取材に応じ、今年初の日本代表の活動となる10月のオランダ遠征(9日・カメルーン戦、13日・コートジボワール戦)に海外クラブに所属する選手だけで臨む方針を初めて明らかにした。
 新型コロナウイルスの影響で、帰国後に2週間の自主隔離が義務付けられるJリーグ勢の参加は困難と判断した。森保監督は「日本に帰っても2週間の自主隔離があるので、チームから1カ月離れることになる。Jリーグの公式戦をやっている中で、われわれもそれは難しいと考え、配慮してメンバーを絞っている」と説明した。
 また、オランダへの入国制限があるロシア、セルビアでプレーするMF橋本拳人(ロストフ)、FW浅野拓磨(パルチザン)も招集しない意向。当初は30人前後を呼びたい考えだったが、森保監督は「感染状況も踏まえて多くは招集できない。当初よりは少なめで招集する」と話した。
 日本代表のメンバーは10月1日に発表される。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ