本文へ移動

テレビ朝日会長が竹内結子さん悼む「シリアスな役柄を表現できるトップ女優だった…」芦名星さんには感謝「相棒の2人と絡み合って得難い存在でした」

2020年9月29日 15時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内結子さん

竹内結子さん

 テレビ朝日は29日、東京・六本木の同局で定例社長会見を開いた。早河洋会長や亀山慶二社長らが出席し、今月亡くなった女優竹内結子さんと芦名星さんに言及した。
 竹内さんは同局系連続ドラマ「スタイル!」(2000年)や、ドラマスペシャル「松本清張 黒い福音~国際線スチュワーデス殺人事件~」(14年)などに出演。早河会長は「突然の訃報で本当に驚きました」とし、「庶民的で飾り気のない、あの明るい笑顔が大変魅力的。一方でシリアスな役柄を表現できるトップ女優だったと思います」と振り返った上で「本当に惜しい方が亡くなって残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。
 芦名さんは人気ドラマ「相棒」シリーズで週刊誌記者役を演じ、10月14日スタートの新シリーズ「相棒 Season19」にも第1、2話に出演する。早河会長は「相棒の2人と絡み合って得難い存在でした。本当に貢献してくれた。相棒の世界にああいうキャラクターが登場したのは彼女あってのこと。感謝すると同時にご冥福をお祈りしたい」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ