本文へ移動

花美蔵から黒松白扇、28年ぶり復活 川辺の白扇酒造

2020年9月29日 05時00分 (9月29日 12時34分更新)
28年ぶりに復活する日本酒銘柄「黒松白扇」=川辺町の白扇酒造で

28年ぶりに復活する日本酒銘柄「黒松白扇」=川辺町の白扇酒造で

  • 28年ぶりに復活する日本酒銘柄「黒松白扇」=川辺町の白扇酒造で
  • 物置を改修して設けた客のくつろぎスペース。加藤副社長は「将来は、飲食の提供やイベントの開催にも使えれば」と話す=川辺町の白扇酒造で

 川辺町中川辺の白扇(はくせん)酒造が十月一日から、自社の日本酒銘柄「花美蔵(はなみくら)」を、かつての名称「黒松(くろまつ)白扇」に二十八年ぶりに戻す。杜氏(とうじ)の若返りなどを機に、五代目に当たる加藤祐基副社長(37)が心機一転、決断。名称復活に合わせ、店舗も一部リニューアルする。(渡辺大地)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報