ハゼ17.5センチ出た 津・田中川河口

2020年9月29日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
17・5&12センチのハゼのダブルに大感激の筆者

17・5&12センチのハゼのダブルに大感激の筆者

  • 17・5&12センチのハゼのダブルに大感激の筆者
 ハゼのアタリを楽しもうと17日午後から津市の田中川河口へ。17.5センチのビッグサイズが飛び出して大感激した。
 釣具店でイシゴカイ1杯の半分を買って午後3時前に現地着。北側には河芸マリーナ、南側には河芸海岸が広がる。水門下流右岸側の階段下に入った。大潮で四日市標準の満潮午後6時14分。潮が上がってきたら階段の上へ上へと移動できるので安心だ。釣り人の姿はなく、貸し切り状態。
 赤ハゼ7号のテンビン2本針にイシゴカイを半分に切って刺し、チョイ投げ。オモリが着底したら糸ふけを取り、道糸を張りながらリールを巻いてハゼにアピールする。トトンとアタリがあり、軽く手首を返して合わせると5センチほどのベビーハゼでリリースした。
 次投は少し水門寄りを狙うと、プルプルアタリで13センチのハゼ。3投目は追い食いを待って10センチ超をダブル。小型はリリースしながら空振りなしの好スタートだ。
 ブルルーンと竿先を引ったくるアタリ。ゴンゴン抵抗するのでセイゴかと思ったが、抜き上げると「デカイ」。17・5センチのビックリサイズと12センチのダブルに大感激だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ