難病者へ激励金301万円 成田山名古屋別院と信徒

2020年9月29日 05時00分 (9月29日 05時01分更新) 会員限定
 成田山名古屋別院大聖寺(愛知県犬山市)と信徒団体「索(なわ)の会」から中日新聞社会事業団に難病者激励金三百一万五千四百四十四円が寄託され、愛知、岐阜、三重各県の計十七団体に二十九日までに贈呈された。
 激励金は、同寺からの拠出金と索の会が一月に集めた募金。
 ◇激励金を贈られた団体<愛知県>県難病団体連合会、全国筋無力症友の会愛知支部、県腎臓病協議会、愛知線維筋痛症患者・家族会 エスペランサ、Fabry NEXT、全国膠原病友の会県支部、glut1異常症患者会<岐阜県>県難病団体連絡協議会、県心臓病児者の会、県腎臓病協議会、日本てんかん協会県支部、県網膜色素変性症協会<三重県>三重難病連、全国パーキンソン病友の会県支部、県腎友会、三重心臓を守る会、三重もやの会

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧