水産高実習船更新へ 23年度末めど、安全性を確保

2020年9月29日 05時00分 (9月29日 10時56分更新) 会員限定
2023年度末をめどに更新される県立水産高校の実習船「しろちどり」=県教委提供

2023年度末をめどに更新される県立水産高校の実習船「しろちどり」=県教委提供

  • 2023年度末をめどに更新される県立水産高校の実習船「しろちどり」=県教委提供
 全国の公立水産高校が所有する実習船の中でも最古とされる県立水産高校(志摩市)の実習船「しろちどり」(四九九トン)について、県は二十八日、二〇二三年度末をめどに更新する方針を明らかにした。
 同日の県議会本会議の一般質問で、鈴木英敬知事が山本教和議員(自民党)に答えた。
 県教委によると、しろちどりは〇〇年三月の建造。他の公立水産高校二十九校が所有する実習船は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧