発砲事件に周辺住民不安 宮田、児童の下校時間帯に発生

2020年9月29日 05時00分 (10月1日 11時18分更新) 会員限定
発砲事件があった現場付近を調べる警察官ら=宮田村で

発砲事件があった現場付近を調べる警察官ら=宮田村で

  • 発砲事件があった現場付近を調べる警察官ら=宮田村で
 宮田村で二十八日、四十代男性が拳銃のようなもので腹部を撃たれた殺人未遂事件。発砲した男は拳銃のようなものを持ったまま逃走しており、現場近くの住宅街の住民らに不安が広がった。
 現場近くの四十代男性は「小学校の長女の下校時刻とかぶる時間帯に発生したと聞いたので怖い。妻から連絡を受けて仕事を切り上げて慌てて帰ってきた」と話す。
 近くの主婦は「犯人が捕まらないと不安」と表情を曇らせた。村教委は同日、村内の小中学校に通う児童・生徒の保護者に二十九日は保護者同伴で登校するよう通知した。
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報