袋井市役所 ラグビーW杯の展示コーナー設置

2020年9月29日 05時00分 (9月29日 05時03分更新)
「シズオカ・ショック」1周年を記念した展示コーナーに見入る来庁者=袋井市役所で

「シズオカ・ショック」1周年を記念した展示コーナーに見入る来庁者=袋井市役所で

  • 「シズオカ・ショック」1周年を記念した展示コーナーに見入る来庁者=袋井市役所で
 ラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会で日本代表がアイルランド代表を破る快挙からちょうど一年となった二十八日、袋井市役所一階ロビーに、アイルランドチームから寄贈されたジャージーや公式ラグビーボールなどを展示する記念コーナーが設けられた。十月末まで。 (土屋祐二)
 同市のエコパスタジアムでの劇的な勝利は「シズオカ・ショック」と呼ばれ、世界的なニュースとなった。市は来年に延期された東京五輪でアイルランドチームの事前キャンプ地となっていることもあり、アイルランドのPRも兼ねて設置した。
 コーナーには、両チームのユニホームやW杯のポスター、県、市によるW杯の記録写真集、両チームの激闘の様子を伝える翌日の新聞各紙などを展示。試合当日のライブ映像も流れ、来庁者が興味深げに見入っている。
 この日は市職員有志が日本代表ジャージーやアイルランドを象徴する緑色の服を着て業務に当たった。また、市役所芝生広場のミニラグビーゴールポスト前で職員や議員有志らが記念撮影し、会員制交流サイト(SNS)で発信するなどしてシズオカ・ショック一周年を盛り上げた。

関連キーワード

PR情報