ヒガンバナ、秋風揺られ 御前崎の公園で見頃

2020年9月29日 05時00分 (9月29日 05時03分更新)
池の周囲に咲くヒガンバナ=御前崎市下朝比奈で

池の周囲に咲くヒガンバナ=御前崎市下朝比奈で

  • 池の周囲に咲くヒガンバナ=御前崎市下朝比奈で
 御前崎市下朝比奈のあらさわふる里公園で、ヒガンバナが見頃を迎えている。公園中央付近にある棚池の周囲に集中して咲いており、10月上旬まで楽しめるという。
 秋のお彼岸のころに咲くヒガンバナ科の多年草で、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の別名でも知られる。赤と白のほか、池から離れた斜面に1本だけ黄色い花がある。公園の担当者は「例年よりきれいですよ」といい、午前中の観賞を勧めている。
 公園入り口付近では、秋と春の年2回開花する十月桜が咲いている。
 秋本番の10月中ごろからコスモスが咲き、11月1〜10日には菊花展を開く。手ぶらで楽しめる人気のバーベキューと食堂の利用者には、市茶業振興協議会が御前崎茶1パック(50グラム入り)をプレゼントしている。来年3月末まで。(問)同園=0537(85)8230 (河野貴子)

関連キーワード

PR情報