障害者雇用奨励金、全中小企業に 県方針、従業員数の下限撤廃

2020年9月29日 05時00分 (9月29日 05時00分更新) 会員限定
 県議会は二十八日、本会議で鈴木雅博、藤原宏樹、堀崎純一、川嶋太郎(自民)、松本守、樹神義和、安井伸治(新政あいち)、加藤貴志(公明)の八議員が一般質問した。大村秀章知事は、従業員数四三・五人以上の中小企業を支給対象とする県独自の障害者雇用奨励金について、従業員数の下限を撤廃する方針を示した。鈴木議員の質問に答えた。 (伊藤隆平、浅井俊典、戸川祐馬)
 大村知事は「障害者を取り巻く雇用環境は、新型コロナウイルスの影響で困難な状況が続くことが懸念される」と指摘。「一人でも多くの障害者雇用を確保する」として、奨励金の支給対象をすべての中小企業に拡大すると表明した。県就業促進課によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧