沖島の来島自粛、10月1日解除 乗船前に堀切新港で検温継続

2020年9月29日 05時00分 (10月1日 15時18分更新) 会員限定
 琵琶湖に浮かぶ有人島の沖島(近江八幡市沖島町)の自治会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、八月八日から要請していた二度目の来島自粛を十月一日に解除する方針を決めた。島へ渡る通船に乗る前、堀切新港で検温を継続するほか、体調が芳しくない人には来島を控えるよう呼び掛ける。
 町の人口は、七月末現在で二百七十一人。うち六十五歳以上は約六割を占める。週一回、島内の診療所に医師が日帰り派遣されているが、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報