結婚式、今できる形で 近江八幡の式場、感染対策模索

2020年9月29日 05時00分 (9月29日 10時39分更新) 会員限定
ゲスト用の健康チェックシート。事前に郵送して1週間分の体温を書き込んでもらい、当日提出してもらう。ゲストに健康管理を意識してもらう狙いもある=近江八幡市西本郷町の「ヴィラ・アンジェリカ近江八幡」で

ゲスト用の健康チェックシート。事前に郵送して1週間分の体温を書き込んでもらい、当日提出してもらう。ゲストに健康管理を意識してもらう狙いもある=近江八幡市西本郷町の「ヴィラ・アンジェリカ近江八幡」で

  • ゲスト用の健康チェックシート。事前に郵送して1週間分の体温を書き込んでもらい、当日提出してもらう。ゲストに健康管理を意識してもらう狙いもある=近江八幡市西本郷町の「ヴィラ・アンジェリカ近江八幡」で
  • 感染対策として披露宴会場に設置する飛沫防止パネル=近江八幡市西本郷町の「ヴィラ・アンジェリカ近江八幡」で
 新型コロナウイルスの影響で結婚式のキャンセルや延期が相次ぐ中で、感染対策と両立した新しい結婚式の形が模索されている。県内では七月中旬、結婚式の披露宴と二次会の出席者から、クラスター(感染者集団)が確認された。披露宴を手掛けた近江八幡市の「ヴィラ・アンジェリカ近江八幡」のスタッフたちは「どこまで対策をしたらいいのか」と悩みながらも、出席者を分散させる二部制ウエディングの導入などを提案し「挙式を諦めるのではなく、できる形を新郎新婦と一緒に考えていきたい」と前を向く。(芳賀美幸)
 「HAPPY WEDDING」と書かれた飛沫(ひまつ)防止パネルや、新郎新婦のイラストが描かれたマスクケース。披露宴会場に、デザイナーたちが考案した感染対策グッズが並んだ。
 コロナによる延期で空いた枠を活用して、披露宴を一回分の値段で、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧