打球直撃の中日・木下雄 骨に異常なし「デッドボールみたいなもの。大丈夫です」そのまま1軍同行

2020年9月28日 17時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
27日の巨人戦で打球を右腕に受け、降板する中日・木下雄(中)

27日の巨人戦で打球を右腕に受け、降板する中日・木下雄(中)

  • 27日の巨人戦で打球を右腕に受け、降板する中日・木下雄(中)
 27日の巨人戦(東京ドーム)で打球が右前腕に直撃し交代した木下雄介投手(26)が28日、登録抹消されずこのまま1軍に同行することになった。
 この日は患部にテーピングを巻いた姿でナゴヤ球場に姿を見せたが、「骨は問題ないです。デッドボールみたいなものです。大丈夫です」と心配無用を強調。ブルペンの一員として今後も竜投を支えていく。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ