「静岡初の世界チャンピオンに」木村蓮太朗が故郷でデビューから2戦連続KO勝ち

2020年9月28日 11時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
KO勝ちした木村蓮太朗=静岡県富士市のふじさんめっせで

KO勝ちした木村蓮太朗=静岡県富士市のふじさんめっせで

  • KO勝ちした木村蓮太朗=静岡県富士市のふじさんめっせで
 ボクシングの58キロ契約6回戦が27日、静岡県富士市のふじさんめっせで行われ、全日本選手権王者で静岡県函南町出身の木村蓮太朗(23)=駿河男児=が岩屋卓史(32)=寝屋川石田=に5回2分31秒TKOで勝ち、故郷での初試合を飾った。ガードを上げて前進してくる岩屋をステップワークと強打で圧倒。最後は猛ラッシュをかけたところで相手陣営がタオルを投入した。
 「いつも応援してくれる人たちの顔が見えて力になりました」と木村。これでデビューから2戦連続KO勝ち。12月10日には早くも3戦目(後楽園ホール)が予定されている。「日本ランカーとぜひやりたい。近々(日本、東洋太平洋などの)チャンピオンになって、静岡初の世界チャンピオンを目指します」と、木村は力強く宣言した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ