消火栓の塗り替え、奉仕作業が終わる 安曇野で竣工式

2020年9月28日 05時00分 (9月28日 11時19分更新) 会員限定
最後の1基を塗り納める小川原社長(左)と宮沢市長=安曇野市穂高の穂高会館で

最後の1基を塗り納める小川原社長(左)と宮沢市長=安曇野市穂高の穂高会館で

  • 最後の1基を塗り納める小川原社長(左)と宮沢市長=安曇野市穂高の穂高会館で
 地域への奉仕活動として、昨年二月から安曇野市内の消火栓を塗り替えていた小川原塗装店(松本市)は二十四日、安曇野市穂高の穂高会館駐車場で最後の一基を塗装し、市内二千六百八十六基の塗り替え作業を終えた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報