<わたしが編集長>(222) 天然ウナギ保護へ調査

2020年9月28日 05時00分 (9月28日 10時56分更新) 会員限定
石倉かごを準備する協議会のメンバーら
=豊橋市杉山町で

石倉かごを準備する協議会のメンバーら =豊橋市杉山町で

  • 石倉かごを準備する協議会のメンバーら
=豊橋市杉山町で
  • 捕獲されたウナギ=豊橋市杉山町で
 豊橋市が、ウナギ養殖に取り組む市内の「海みらい研究所」などと「豊橋市天然うなぎ資源保護再生プロジェクト協議会」を創設し、地元の天然ニホンウナギを保全する取り組みを始めた。地元での生息状況を把握するため、豊橋市杉山町の汐川(しおかわ)干潟で調査を実施。結果をさらにウナギがすみやすい環境づくりに生かしたい考えだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧