久保建英は15分強の途中出場ながらメッシと並ぶ採点をゲット…ビリャレアルはバルサに0-4完敗

2020年9月28日 10時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保建英

久保建英

  • 久保建英
 スペイン1部ビリャレアルの久保建英(19)は27日、スペインリーグ第3節バルセロナ戦に後半29分から途中出場。すでに4点リードを奪われた難しい状況ながらチャンスを何度か作り、地元紙やエメリ監督から評価された。
 試合は今季初の公式戦となったバルサの良さばかりが目立つ展開に。バルサの下部組織時代、久保のチームメートだった17歳のファティが15分、18分と立て続けにゴールを奪うと、34分にはファティの得たPKをメッシが決めて今季初得点。今オフ退団騒動に揺れたエースは前半終了間際にも絶妙のドリブルとクロスでオウンゴールを誘発し、前半だけで4得点を挙げた。
 後半も打開策が講じられないビリャレアルのエメリ監督は、後半29分に久保をピッチに送り出す。その久保は81分に右サイドをえぐって際どいラストパスを送り、89分にはカットインからシュートを放つなどゴールに向かう姿勢を見せた。
 試合はこのまま4-0でバルサが勝利。地元紙「マルカ」はこの日の採点で、殊勲のファティらに3点満点を与えている。一方、ビリャレアルはほとんどの選手が低評価の中で、久保はフィールドプレーヤーで唯一の「2点」。この点数はメッシらと同じだ。
 また「AS」紙によると、エメリ監督は会見で「タケはどの試合でも貢献してくれる。攻撃的なポジションどこでもプレーできるが、右サイドでとても快適だ」と話した。大量リードを許しながら、久保を15分強しか起用しなかった指揮官の采配には疑問が残るものの、久保は定位置獲得のために自分の強みを発揮した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ