子どもを神秘的に、山本さん日本画展 松坂屋美術画廊

2020年9月28日 05時00分 (9月28日 10時31分更新) 会員限定
神と人の間の存在とする子どもをモチーフとした日本画を並べた山本さん=名古屋・栄の松坂屋名古屋店本館美術画廊で

神と人の間の存在とする子どもをモチーフとした日本画を並べた山本さん=名古屋・栄の松坂屋名古屋店本館美術画廊で

  • 神と人の間の存在とする子どもをモチーフとした日本画を並べた山本さん=名古屋・栄の松坂屋名古屋店本館美術画廊で
 神と人の間の存在として、子どもをモチーフとした日本画を描く、岐阜県大垣市出身の山本真澄さん(35)=京都市山科区=の個展が二十九日まで、名古屋・栄の松坂屋名古屋店本館美術画廊で開かれている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧