”俳優”白濱亜嵐、関口メンディーに対抗心メラメラ「ダンスをやる前から芝居をやってきたので」

2020年9月28日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
セレモニーに参加したGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー

セレモニーに参加したGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー

  • セレモニーに参加したGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー
◇「GENERATIONS」メンバー全員参加の映画、来年公開へ
 アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2020」のアワードセレモニーが27日、東京都内で開かれ、フェスティバルナビゲーターを務めるダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS」のメンバー全員が参加する「昨日より赤く明日より青く―CINEMA FIGHTERS project―」(来年公開)が発表された。
 詩と音楽、映像を融合した短編映画プロジェクトの第4弾で、EXILEのHIRO(51)がエグゼクティブプロデューサーを務める。ボーカルの数原龍友(27)は歌で参加し、ほかの5人は別の監督とタッグを組んでそれぞれの主演作に挑む。
 HIROは「今回は初めてGENERATIONSというチームだけで表現するので、すごく楽しみですし、それができるようになったGENERATIONSの成長も感じました」と手応えを口にした。
 山下敦弘監督とのタッグで、ストレートな恋愛作品に挑む白濱亜嵐(27)は「ダンスをやる前からお芝居をやってきたので、個人的にはメンバーと勝負というのは意識しましたね」と対抗心を燃やしていた。特に気になっているのが関口メンディー(29)。「胸キュン作品に定評がある新城毅彦監督が、あえてメンディー君を(主演作のパートナーに)選んだので、どんな作品になるのか楽しみです」と不敵な笑みを浮かべていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ