本文へ移動

中日・京田2試合ぶり複数安打 2番で7戦連続安打「結果を出さないと」

2020年9月27日 20時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表1死、京田が右前打

3回表1死、京田が右前打

◇27日 巨人5-1中日(東京ドーム)
 中日・京田陽太内野手(26)が「2番・遊撃」で出場し、2試合ぶりのマルチ安打を記録した。
 1回無死一塁の第1打席、3回1死の第2打席といずれも巨人・戸郷から右前打をマーク。2番に座って9試合目で7試合連続安打となっている。「上位打線を打たせてもらっています。結果を出さないといけません」と語る選手会長。この日は4打数2安打。打率は2割3分4厘となった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ