本文へ移動

日本ハム清宮30試合ぶり5号2ラン「今までのシーズンの分を取り返したい」打率1割台

2020年9月27日 20時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
清宮幸太郎

清宮幸太郎

◇27日 オリックス12-8日本ハム(京セラドーム大阪)
 日本ハム・清宮幸太郎内野手(21)が8月23日の楽天戦(札幌ドーム)以来、30試合ぶりの本塁打を放った。
 この日も前日26日と同じ9回に代打として登場、オリックス・漆原の145キロ直球を強振。打球は5号2ランとなって右中間席に飛び込んだ。前日の3点適時二塁打に続く快打に「いい準備をして、いい練習をして(試合に)臨めている結果」と振り返ったが、打率が1割台のままということもあって「今までのシーズンの分を取り返したいと思っているのでまだまだです」と気を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ