若年性認知症知って コロナで講座中止、四日市市が初の動画公開

2020年9月27日 05時00分 (9月27日 15時35分更新) 会員限定
認知症市民公開講座の動画を紹介する市職員=四日市市役所で

認知症市民公開講座の動画を紹介する市職員=四日市市役所で

  • 認知症市民公開講座の動画を紹介する市職員=四日市市役所で
 認知症の人が住みやすい地域を目指し、四日市市は認知症市民公開講座の映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。今年は新型コロナウイルスの感染防止で講座自体は中止となったが、より多くの人に理解を深めてもらおうと初めて動画を制作した。 (片山さゆみ)
 講座は三部構成で、六十五歳未満で発症する若年性認知症がテーマ。基調講演では、奈良市の若年性認知症サポートセンター「きずなや」代表理事、若野達也さんがリモートで出演して講師を務めた。認知症患者は高齢者が多いため、若年性認知症患者の支援が手薄となっていた現状を説明。二〇〇九年にセンターを発足させ、相談できる居場所や働く場所を提供した。家族会や農業団体と協力しながら、患者が活躍できる地域づくりに取り組む様子を紹介している。
 三重県内の若年性認知症者による「レイの会」も出演し、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧