子育て世帯を応援、魚ごはん無償提供 尾鷲、地元店や団体が協力

2020年9月27日 05時00分 (9月27日 15時31分更新) 会員限定
食品を受け取る保護者ら=尾鷲市天満浦の天満荘で

食品を受け取る保護者ら=尾鷲市天満浦の天満荘で

  • 食品を受け取る保護者ら=尾鷲市天満浦の天満荘で
 尾鷲市天満浦の古民家「天満荘」で二十六日、市内事業者などから寄せられた食品を子育て世帯に無償配布する「フードパントリー」が開かれた。申し込みをしていた親子連れらが受け取りに訪れた。
 食卓を囲んで交流を図る「子ども食堂」を開く地元ボランティア団体「みんなの食堂」が、保護者の負担を軽減し、家族の時間を大切にしてもらおうと企画。世帯に応じて食料を詰めた袋二十セットを用意した。
 メインは地元海産物店「尾鷲金盛丸」提供のマグロを使い、天満荘を管理するNPO法人「天満浦百人会」メンバーが朝から炊いた「魚ごはん」。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報