一票の大切さ学ぼう 皇学館高生が模擬投票

2020年9月27日 05時00分 (9月27日 15時29分更新) 会員限定
投票箱に一票を投じる生徒=伊勢市楠部町の皇学館高で

投票箱に一票を投じる生徒=伊勢市楠部町の皇学館高で

  • 投票箱に一票を投じる生徒=伊勢市楠部町の皇学館高で
 十八歳になって選挙権を得る前に一票の大切さを学んでおこうと、伊勢市楠部町の皇学館高校で二十六日、二年生三百三十人が模擬投票を体験した。
 皇学館高は選挙年齢が十八歳に引き下げられて以来、総合学習の一環として主権者教育を実践。今回は架空の市の市長選という想定で、生徒は三人の立候補者の政策を読み込んでから、支持する候補者に一票を投じた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報