“悪童”ネリが2階級制覇 3-0判定勝ち…連打を浴びせるも相手・アラメダの堅いガードは崩せず

2020年9月27日 14時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルイス・ネリ

ルイス・ネリ

  • ルイス・ネリ
 ボクシングのWBCスーパーバンタム級王座決定戦が26日、米コネティカット州で行われ、同級1位で元WBCバンタム級王者のルイス・ネリ(25)=メキシコ=がアーロン・アラメダ(27)=メキシコ=に12回判定(3―0)で勝ち、2階級制覇を達成した。ガードの堅いアラメダを相手に序盤から強打で圧力をかけ続け、効かせる場面はなかったもののジャッジは2~8ポイント差で支持した。
 ネリは日本で開催された山中慎介戦をはじめ多くの試合で体重超過を犯し、禁止薬物の陽性反応も出た経験がある。今回の王座決定戦は5度の防衛を重ねる安定王者バルガス(メキシコ)が脚を骨折し長期間試合ができなくなったため休養王者とされて設定された。ネリは通算31戦全勝(24KO)、敗れたアラメダは25勝(13KO)1敗となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ