本文へ移動

中日・石川昂が3号2ラン!1カ月半ぶりの一発、阪神・高野の140キロを左越えに運ぶ

2020年9月27日 14時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏1死三塁、石川昂が左越え2ランを放つ

3回裏1死三塁、石川昂が左越え2ランを放つ

◇27日 ウエスタン・リーグ 中日-阪神(ナゴヤ)
 中日のドラフト1位ルーキー・石川昂弥内野手(19)が27日、ウエスタン・リーグの阪神戦(ナゴヤ)に「4番・三塁」で先発出場し、3回の第2打席に3号2ランを放った。
 3回1死三塁で迎えた第2打席。3ボール1ストライクから、阪神の2番手の右腕、高野の投じた内角低めの140キロ速球を捉えた打球は、高々と舞い上がり左翼フェンスを越えていった。
 石川昂の本塁打は8月16日のオリックス戦(ナゴヤ)以来、約1カ月半ぶり。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ