駒ケ根観光、AIがあなた好みに 市と日本IBMが協力、アプリ実証実験

2020年9月27日 05時00分 (9月27日 12時58分更新) 会員限定
駒ケ根の観光を提案するアプリ「KomaGo」の画面=駒ケ根市役所で

駒ケ根の観光を提案するアプリ「KomaGo」の画面=駒ケ根市役所で

  • 駒ケ根の観光を提案するアプリ「KomaGo」の画面=駒ケ根市役所で
 駒ケ根市は、日本IBM(東京都)と協力し、スマートフォンアプリ「KomaGo(コマゴー)」の実証実験を始めた。個人データを入力すると、人工知能(AI)がその人に合った観光情報を提案する仕組みで、地域の観光をより楽しんでもらう狙い。十月二日まで続け、改善点や実用性を探る。 (石川才子)
 アプリは無料。旅の案内人のイメージで、性別や年齢、趣味、駒ケ根に来た目的や同行者といった個人データを入力すると、行動パターンや好みを分析・予測し、その人向けの場所や飲食店、催しを紹介する。観光客の利便性を上げ、周遊を促進する。
 基になる情報は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧