<御嶽山噴火6年> 復興、ビジターセンター 地元首長に聞く

2020年9月27日 05時00分 (9月27日 12時57分更新) 会員限定
原久仁男・木曽町長

原久仁男・木曽町長

  • 原久仁男・木曽町長
  • 瀬戸普・王滝村長
 死者58人、行方不明者5人を出した2014年9月の御嶽山噴火災害から、27日で6年となる。今年は噴火以来初めて、一般登山者が王滝村側の王滝頂上へ登れるようになり、安全対策とともに復興も進む。木曽町の原久仁男町長と王滝村の瀬戸普村長に、今後の課題や両町村に建設される御嶽山ビジターセンターへの考えなどを聞いた。

噴火の怖さ継承する場に 原久仁男・木曽町長

...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧