本文へ移動

畑岡奈紗が米ツアー4勝目逃す… 開幕戦で日没順延のプレーオフ7ホール目で力尽きた

2020年1月20日 22時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
畑岡奈紗

畑岡奈紗

 女子ゴルフの米ツアー開幕戦、ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズは20日、米フロリダ州のレークブエナビスタのフォーシーズンズ・クラブ(パー71)でプレーオフ6ホール目から行われた。通算13アンダーで並んだ畑岡奈紗(21)ら3人によるプレーオフは5ホールで決着せず日没順延となっていた。
 畑岡は最終日に4バーディー、1ボギーの68で回り、首位から出た朴仁妃(パク・インビ、韓国)、66と伸ばしたガビー・ロペス(メキシコ)と並んだ。3人でスタートしたプレーオフは、朴仁妃が3ホール目で脱落。この日の6ホール目は畑岡、ロペスともにパーで両者譲らず、7ホール目に突入した。ここでロペスが超ロングパットを決めてバーディー。畑岡は正確なショットで3メートルと近い距離につけていたが、左に大きく外して万事休すとなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ