本文へ移動

松山英樹&小平智は首位と1オーバーで7打差87位…Tウッズは3アンダーの21位

2020年1月24日 14時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇23日 ファーマーズインシュランスOP第1日(米カリフォルニア州ラホヤ、トリーパインズGC)

 松山英樹(27)=レクサス=は2バーディー、3ボギーの73、1オーバーで首位と7打差の87位と出遅れた。小平智(30)=アドミラル=も同じく87位。キーガン・ブラッドリー(米国)とセバスティアン・カペレン(デンマーク)が6アンダーでトップに立った。今年初戦のタイガー・ウッズ(米国)は3アンダーで21位だった。
 この大会は予選2日間で南北2コースを回る。松山は順位としては出遅れたが、来年の全米オープン開催に向けてさらに難度を増した南Cを1オーバーでクリアし、少しほっとしたようだった。
 
 2週前のソニーOPから使い始めた新兵器、テーラーメード社製ドライバーでのショットが、本人も「びっくりした」というほど好調。パー3を除く14ホール中、10ホールでフェアウエーをとらえた。しかし、その一方で2打目以降の精度がいまひとつで、バーディーチャンスになかなかつかない。伸ばしたい18番パー5も2オンを狙った第2打を右バンカーに入れ、寄せ切れずにパーで終わった。
 第2日は好スコアが出やすい北C。「第2打以降が悪くてもこれくらいで終われた。明日は5アンダー、6アンダーくらい出せば、週末がおもしろくなる」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ