南東北の153キロ右腕に中日スカウトうなった「うまさ出ていた」東北公益文科大・赤上投手が大一番で快投

2020年9月27日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8球団スカウトの前で快投を披露した東北公益文科大の赤上優人投手=福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで

8球団スカウトの前で快投を披露した東北公益文科大の赤上優人投手=福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで

  • 8球団スカウトの前で快投を披露した東北公益文科大の赤上優人投手=福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで
◇26日 南東北大学野球リーグ 東北公益文化大5-1東日本国際大(福島・ヨーク開成山スタジアム)
 昨秋優勝の東北公益文科大の153キロ右腕、赤上優人投手(4年・角館)が先発。7イニングを4安打7奪三振の1失点で、中日、ヤクルトなど8球団のスカウトにアピール。負ければ東日本国際大に優勝を許す大一番で勝利に貢献した。
 肩甲骨周辺の張りもあったが、この一戦に合わせて調整した。昨年は抑えだったが、今年はエースとして完投を意識。「全部、目いっぱい投げていましたが、今年は軽く投げることを覚えました。隠していたカーブも解禁しました」。冬場に精度を上げたカーブで、最速146キロどまりの直球を生かし、同じくプロ志望届を出している佐々木大に投げ勝った。中日の八木スカウトは「カーブも使って、うまさが出ていた」と評価した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ