【三重】松阪の自動車販売店で7例目のクラスター

2020年9月27日 05時00分 (9月27日 05時00分更新) 会員限定
 県内で二十六日、新たに五人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。うち四人が勤務する松阪市内の自動車販売店では、既に同僚一人の感染が確認されているため、県は県内七例目の感染者集団(クラスター)と認定した。この店についてホンダカーズ三重(松阪市)が市内の松阪山室店と公表した。
 店のほかの従業員は検査で陰性と確認されており、県ではクラスターの拡大はないとみている。感染が判明していた男性社員の接触者として、同僚二十二人が検査を受けていた。
 新たに感染が分かった四人は現在、症状がないが、九月上旬−下旬に発熱や微熱があり、三人が医療機関を受診していた。県は、医療機関の関係者や別の店舗の従業員を含め二十九人の検査を進める。同社によると、松阪山室店と、今回感染が判明した社員の濃厚接触者が勤める松阪大塚店を閉め、店内を消毒した。
 また、伊勢市の三十代女性の感染が判明した。同居家族が既に感染していた。 (渡辺雄紀)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧