本文へ移動

嵐・二宮和也 コスプレ写真「精度高いです」 写真家を熱演した主演映画「浅田家!」

2020年9月26日 20時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「浅田家!」のオンライン写真展を体験した感想を話す主演の嵐・二宮和也

映画「浅田家!」のオンライン写真展を体験した感想を話す主演の嵐・二宮和也

 アイドルグループ「嵐」の二宮和也(37)が26日、東京都内で主演映画「浅田家!」(中野量太監督、10月2日公開)のオンライン写真展オープニングイベントに出席した。
 映画は、三重県在住の写真家・浅田政志さん(41)が、父、母、兄、自身の4人家族を被写体に「家族がなりたかったもの」「家族でやってみたいこと」をさまざまなシチュエーションでコスプレして撮影した「浅田家」など2冊の写真集をもとに、政志さんや家族のユーモアあふれる生きざまや絆、写真が持つ力を色濃く映し出す。
 この日は政志役の二宮と、原案の政志さん本人が実際の展示会場に来場。パソコンを使って“バーチャル写真展”も体験した。
 コロナ禍の中、自宅からその世界観を楽しんでもらうため、政志さんが撮影したオリジナルのコスプレ写真、キャストによる再現写真、そして劇中衣装と二宮が撮影したキャストのオフショットなど48点を3Dビューで閲覧できる無料のオンライン写真展を開催(27日から10月31日まで)。二宮本人の音声ガイド付きで楽しむことができる。
 劇中で二宮らが再現した19点のコスプレ写真のうち、12枚が展示されており、政志さんが撮影したオリジナルと比較することが可能。二宮は「かなり(オリジナルに)寄せて撮ったので、精度の高さが楽しめると思います」とアピール。政志さんも、撮影初日に撮った消防士のコスプレ写真について「(オリジナルと)一緒のように見えた」と大満足の様子だった。
 二宮は自身が撮影したオフショットについては「いつもは撮られる専門なので、楽しかったですよ。主役なので(カメラを向けても)みんな嫌がらないです」と得意顔。自信作について「ブッキーは(被写体として)キマりますね」と政志の兄・幸宏役の妻夫木聡(39)を撮影したショットを挙げた。新しいカメラを購入したことも明かし「カメラがいいので、できあがりは間違いないです!」と笑った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ