本文へ移動

「立ち上がりは不安定だったが…」DeNA浜口が粘りのピッチングで“新人王候補”広島・森下に投げ勝つ

2020年9月26日 19時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・浜口

DeNA・浜口

 ◇26日 広島2-5DeNA(マツダ)
 DeNA・浜口遥大投手(25)が得意のマツダスタジアムで今季6勝目(4敗)を挙げた。「立ち上がりは不安定だったが、野手の皆さんに助けられ、チームとして勝てて良かった」。初回に2点を失ったが「2回にすぐ反撃してくれたので、先頭を打ち取って粘ろうと思った」とコーナーを突く投球で修正。6イニング2失点と踏ん張った。
 相手先発は新人王有力候補の森下。ルーキーイヤーの2017年に10勝を挙げて新人王候補にもなった4年目左腕は1年目こそマツダで1敗したが、これで2年目から3連勝となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ