本文へ移動

巨人・中島が7回ついに福谷捕らえた!同点2点打

2020年9月26日 17時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏1死二、三塁、中島が中前に同点打を放つ。捕手木下拓

7回裏1死二、三塁、中島が中前に同点打を放つ。捕手木下拓

◇26日 巨人ー中日(東京ドーム)

 巨人の中島宏之内野手(38)が起死回生の一打を放った。2点を追う7回1死二、三塁。ここまで抑え込まれていた中日先発・福谷の内角低め148キロツーシームを振り抜いた。打球は中前に抜ける同点2点適時打。この時点でベテランの一打で試合を振り出しに戻した。
 中島は「追いつけるチャンスの場面だったので一人でもかえせるように、積極的に打てるボールを振っていこうと思っていました。シンプルに投手に入っていって打ちにいくことができました。追いつくことができて良かったです」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ