自然から刺激、個展好評 辰野・川島小6年、画家の三村君

2020年9月26日 05時00分 (9月26日 15時41分更新) 会員限定
スプレーを手にキャンバスに作品を描く三村君=辰野町で

スプレーを手にキャンバスに作品を描く三村君=辰野町で

  • スプレーを手にキャンバスに作品を描く三村君=辰野町で
  • 個展を開いている三村君(右)=名古屋市の名古屋栄三越で(三村美香子さん提供)
 画家として活動している辰野町川島小学校六年生の三村大悟君(11)が、精力的に創作と作品発表を続けている。自宅では、キャンバスに向かう毎日。今夏、長野市で個展を開いたのに続き、名古屋市の名古屋栄三越でも個展を開催中。十月には東京都の表参道のギャラリーでも作品展を開く予定だ。 (板倉陽佑)
 九月中旬。渓谷に囲まれた川島地区の空き地で、三村君は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報