本文へ移動

一宮競輪場跡地、出店計画を縮小 コロナ影響、40店規模に 

2020年9月26日 05時00分 (9月26日 14時57分更新)
複合商業施設の建設が予定される一宮競輪場の跡地=一宮市羽衣2

複合商業施設の建設が予定される一宮競輪場の跡地=一宮市羽衣2

 ホームセンター業の「LIXIL(リクシル)ビバ」(さいたま市)が、一宮競輪場跡地(一宮市羽衣二)に建設を予定する複合商業施設について、市は二十五日、同社の計画に変更があったと発表した。コロナ禍でテナントの減少が見込まれることなどから、階数や売り場面積を減らす。「ビバモール一宮」(仮称)は二〇二二年二月に開業予定。 (下條大樹)
 市の定例会見で発表された変更の内容では、四階建てを三階建てに縮小。売り場面積も...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧