野々市市役所に検温カメラ 1日から通常ダイヤ

2020年9月26日 05時00分 (9月26日 10時58分更新)

◇バス「のっティ」


 野々市市は二十五日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、市役所の入り口二カ所に非接触型の体温測定用サーマルカメラ=写真=を設置した。来庁者の体温が三七・五度以上の場合は音などで知らせ、利用を自粛してもらう。
 カメラには、目線の位置に液晶画面が搭載され、来庁者が指定の場所に立つと、自身の姿が映し出されて体温が表示される。体温は三七・五度以上なら赤色、これ未満なら緑色の数字で示される。導入価格は一台約十七万円。
 市は感染防止のため、市コミュニティバス「のっティ」の車内消毒も市役所敷地内で同日行った。三十日までに全車両の消毒作業をし、減便しているダイヤを十月一日から通常に戻す。(吉田拓海)

関連キーワード

PR情報