本文へ移動

<海と生きる 鳥羽市に見るSDGs>(上)守る 答志島の海洋ごみ

2020年9月26日 05時00分 (7月14日 12時21分更新)
奈佐の浜に流れ着いた流木やプラスチックごみ=鳥羽市桃取町で

奈佐の浜に流れ着いた流木やプラスチックごみ=鳥羽市桃取町で

  • 奈佐の浜に流れ着いた流木やプラスチックごみ=鳥羽市桃取町で

養殖場が被害 死活問題

 流木やペットボトル。CDケースに発泡スチロールのブイ…。鳥羽市の離島・答志島。桃取地区にある奈佐の浜には、海には本来ない物がそこかしこに打ち上げられていた。
 「多いときには大人の背の高さまで積もるよ」。伊勢湾と三河湾流域の環境団体などでつくる「二十二世紀奈佐の浜プロジェクト委員会」の委員長、小浦嘉門さん(63)が浜辺にあった黄色いゴムボールを拾い、自宅へ持ち帰った。
 県の調査では、潮流や風などの影響で、伊勢湾口に位置するこの島には、木曽三川や宮川などからの流木、ごみ袋といったプラスチック類が年間...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧