本文へ移動

水族館の舞台裏をおうちでのぞこう 南知多ビーチランド、ITベンチャーと共同資金募る

2020年9月26日 05時00分 (9月26日 05時01分更新)
支援者を募る特設サイトのイメージ=スタメン提供

支援者を募る特設サイトのイメージ=スタメン提供

 名古屋鉄道系列の水族館「南知多ビーチランド」(愛知県美浜町)は、施設の舞台裏などを紹介する「オンラインサロン」を十月三日から、ITベンチャーのスタメン(名古屋市)と共同で始める。新型コロナウイルス感染拡大の影響で来園客が減少する中、サロンを通じて得た資金を動物などの餌代や施設管理費に充てるとともに、スタッフと支援者の交流を密にしていきたい考えだ。
 スタメンが提供するスマートフォンアプリ「FANTS(ファンツ)」を活用。イルカやペンギンへの餌やり動画やスタッフのブログなどを掲載する。支援者がコメントを書き込める機能もあり、双方向の交流につなげる。
 支援者は月額二千二百円、千百円、五百五十円の三種のプランから選択。どの金額でも、同様のサービスを受けられる。九月二十八日午後三時以降に南知多ビーチランドやスタメンのホームページ上に表示される特設サイトから支援者登録を受け付ける。

関連キーワード

PR情報