ありがとう志村けん園長、最後のロケ映像公開 相葉雅紀「たくさん思い出し、たくさん笑った」

2020年9月26日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加

チンパンジーのプリンちゃんに自転車の乗り方を教える志村けんさん


 日本テレビ系動物バラエティー「天才!志村どうぶつ園」(土曜午後7時)が26日に最終回を迎える。同番組の園長を務めるタレント志村けんさんが、3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で死去。4月からは飼育係の「嵐」相葉雅紀(37)が司会を代行していたが、志村さんなしで今後も番組を作り続けていくことは難しいとの判断で“閉園”が決定。最終回は「16年半ありがとう…志村園長と一緒に最終回2時間スペシャル」として放送される。

和気あいあいとした雰囲気で最終回の収録に臨むレギュラー陣。左からタカアンドトシのタカとトシ、滝沢カレン、相葉雅紀、山瀬まみ

 志村どうぶつ園は2004年4月に木曜午後7時枠でスタートし、07年から現放送枠に。志村園長とパンくんのスキンシップや、志村園長と捨て犬ちびのふれあい散歩、ブサカワ犬わさお、動物と話せる女性ハイジなど、数多くの名物コーナーを生み、近年は保護犬や保護猫の新たな飼い主探しの手助けをする企画や、カルガモ親子のお引っ越し密着ドキュメントなどが人気を集めてきた。
 通算577回目の放送となる最終回スペシャルは、志村園長も一緒にスタジオにいるような演出で、相葉や山瀬まみ(50)、タカアンドトシ、DAIGO(42)らレギュラー出演者とともに、16年半の面白かった名場面を振り返る。そして、今年2月末にロケを行い、そのまま放送できずにいた志村園長最後のロケ映像を初公開する。
 その映像は、志村園長が孫のように溺愛するチンパンジー・プリンちゃんに、自転車の乗り方を教えるという内容。かつてはパンくんとも練習し、一緒に乗れるようになった自転車を、いつかプリンちゃんとも乗りたいというのが志村園長の念願だったという。
 相葉は「16年半で、志村園長をはじめファミリーのみんなから、たくさんのことを学ばせていただきました。最後の収録は、みんなで一緒に園長のことをたくさん思い出し、たくさん笑いました」と振り返った。
 10月3日からは、志村園長の思いを継いだ相葉がスタジオを飛び出し、日本全国の動物たちのもとへ駆けつける新番組「I LOVE みんなのどうぶつ園」が同じ放送枠でスタートする。
 「新番組では、みなさんに動物をもっと好きになってもらいたいので、全国の動物たちに会いに行き、魅力を伝えたいです。志村園長から教わったことや、その思いを胸に、全力で動物たちと接していきたいと思います。個人的な目標として、これまで学んできた『トリミング』や、知識をさらに向上したいと思います!」
 初回放送では、志村園長が飼っていた愛犬・殿くんに相葉が会いにいき、現在の様子も伝える。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ