ひゃくまん穀新米 発売 県内スーパーなど400店舗

2020年9月26日 05時00分 (9月26日 10時25分更新)
発売された新米のひゃくまん穀=金沢市諸江町で

発売された新米のひゃくまん穀=金沢市諸江町で

  • 発売された新米のひゃくまん穀=金沢市諸江町で
 県のブランド米「ひゃくまん穀」の新米が二十五日、県内のスーパーや米穀店など約四百店舗で一斉に発売された。
 金沢市諸江町のアル・プラザ金沢では、特設コーナーで二キロ入り(税別九百八十円)と五キロ入り(同千九百八十円)を販売。新米を使ったおはぎや、おにぎりも並んだ。
 同市の米穀卸・販売の「米心(べいしん)石川」によると、発売日のひゃくまん穀の出荷量は昨年と同じ百三十トン。四年目の今年は、長梅雨や猛暑の影響が心配されたが、出来は良いという。今季全体の出荷量は昨季より約千六百トン多い七千トンを見込んでいる。新米の発売を待っていたという金沢市の竹内真美さん(41)は「米の粒が大きくて甘みがあり、おいしく炊ける。いつもこれを選んでいる」と話していた。 (戎野文菜)

関連キーワード

PR情報