楽天・塩見、西武メヒアにまたやられた… チーム連勝5でストップ、逆転CS進出へ次こそ助っ人封じを

2020年9月25日 22時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・塩見

楽天・塩見

  • 楽天・塩見
◇25日 西武5-4楽天(メットライフドーム)
 楽天の先発・塩見貴洋投手(32)は西武主砲のメヒアにまた打たれた。4回には中前適時打、5回は走者2人を返す右翼フェンス直撃打と、2打席連続でタイムリーを浴びるなど、4イニング2/3で4失点。メヒアには今季3試合で5安打された塩見は、「打たれた球はボールが甘くなってしまった。対策は練りましたけれど、それは言えないです」と振り返った。
 取っては取られる展開となった試合は、同点の7回に4番手・牧田がスパンジェンバーグに中前適時打を許し、これが決勝点に。牧田は38試合目にして今季初黒星を喫してしまった。
 スパンジェンバーグ、メヒアはともに、これまでも楽天投手陣を打ち崩してきた要注意人物だった。「同じバッターに打たれすぎた感じがあるよね。しっかり対策しないと」と三木監督。チームの連勝は5でストップ。逆転でのCS進出を目指すため、26、27日こそ2人を抑えたい。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ