焼津特産「鰹」と「鮪」 26日から食の催し 

2020年9月26日 05時00分 (9月26日 05時00分更新)
特産のカツオやマグロの料理を試食する古永家佳織さん=焼津市で

特産のカツオやマグロの料理を試食する古永家佳織さん=焼津市で

  • 特産のカツオやマグロの料理を試食する古永家佳織さん=焼津市で
 焼津市特産のカツオとマグロを楽しむグルメの催し「焼津 秋の鰹(かつお)三昧」と「鮪(まぐろ)めぐり」が二十六日から、市内の飲食店で始まる。
 「秋の鰹三昧」は、戻りガツオの旬に合わせ、市内の飲食店十五店舗が、和食、洋食、中華など多彩な分野のオリジナル料理を用意している。
 「鮪めぐり」は、焼津港で水揚げされた「天然焼津ミナミマグロ」のすしなどを二十店舗が提供。甘みのある上品な脂が魅力という。
 市内の寿司店で二十五日、試食会があり、参加した市観光協会「やいづマリンレディ」の古永家佳織さん(22)は「カツオもマグロも、脂と甘みが乗っていておいしい」と太鼓判を押した。
 十一月十五日まで。五百円の食事でスタンプを三つ集めると、抽選で特産品や市内施設の利用券が当たるスタンプラリーなどもある。詳細は「焼津ぐるめぐり」で検索。 (酒井健)

関連キーワード

PR情報